第一章  総  則

第1条 当連盟は、徳島県学童軟式野球連盟シニアクラスと称する。

第2条 当連盟の事務局(本部)は、統括責任者宅に置く。

第3条 本会は会員相互の協和と親睦のもとに少年野球を通じて喜びや楽しさを体験するとともに、仲間との連帯感や友情を育て、その過程の中で協調性や創造性を育みながら、勝敗を決したときの嬉しさ、悔しさなどを経験し情緒豊かな社会人として成長することを目的とする。

第4条 当連盟は前条の目的達成のため、次の事業を行う。

1.徳島県における少年野球大会の開催並びに後援大会。(毎年1月予定)

2.県・内外を問わず野球を通じて親善・交流の道を深め、スポーツ少年団活動を推進する。

第二章  組  織

第5条 当連盟は善意の指導者及び後援会を有し、徳島県下の小学6年生を以って結成された野球チームと登録指導者並びに理事会が承認した個人を以って組織する。

第6条 1.当連盟に新たに加入する場合は其の支部に申し込み、支部会の推薦により連盟シニアクラス理事会に於て審議し之を決定する。特に細則に該当するのを最大の条件とする。

2.入会後も指導者及び後援会又はチームに於いて不適当と認められる事由が発生したときは、脱会は自由とする。

3.前号の場合は原則として本会の運営する総べての事業に参加出来ない。

4.理事会で決議になった事項はこれを遵守し、これをみだりにくつがえす事は出来ない。

5.前号に違反行為を以って臨む者は直ちに当連盟から脱退処分をとるものとし、再入会は認めないものとする。但し、理事会の決議を以って入会を認めることも出来る。

6.脱退処分並びに指導者の除名は理事会の決議に依るものとする。

第7条 本会には次の役員を置き、任期は2年とする。再任は妨げないが、連盟役員資格は、そのチームに所属し代表者、監督又は之に準ずる指導者並びに理事会が承認したものとする。

1.統括責任者1名、事務局長1名、会計1名、理事若干名、監査1名、オブザーバー若干名。

2.統括責任者及び役員は理事会の推薦により、選出するものとする。満場一致の場合を除き総て投票により之を決める。オブザーバーは、統括責任者の委嘱により置くことが出来る。

3.統括責任者、理事を以って総べての決議機関となる。

4.統括責任者は本会を代表し之を総括する。

5.理事は統括責任者を補佐し、統括責任者事故ある時又は欠けたるときは予め統括責任者の定める処によりその代理をする。

6.会計は財務を処理する。

7.監査は財務会計を監査する。

8.事務局長は事務全部を処理する。

第8条 1.本会の意志決定は理事会に依るものとする。

2.必要に応じ適時、統括責任者及び理事・事務局長の招集に依り理事会を開く事が出来る。

第三章  総  会

第9条 1.総会は毎年1回開催し、予算決議の審議、事業計画、事業報告、役員選出、その他重要案件の審議決定を行なう。

2.総会決議は、出席者(委任状を含む)の議決権の過半数をもって決するものとする。

3.緊急の場合、統括責任者の招集に依り開催することもある。

第四章  理 事 会

第10条当連盟の意思決定は総会を除き理事会において決す。

1.統括責任者は理事会において選出し、業務執行を統括する。

2.理事会は、統括責任者が招集し、議長を指名する。

第五章  会  計

第11条当連盟の経費は、TKBBからの補助金、寄付金を以って充てる。

第12条当連盟の会計年度は毎年9月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第六章  罰則規定

第13条当連盟の規約に違反したものについては、理事会の決議により、その処置を決定する。

第七章  資格規定

第14条当連盟に加盟するチームの監督は日本スポーツ協会公認コーチングアシスタント又はスポーツ少年団認定員資格を有する者とする。

附  則

この規約は令和2年9月1日より実施する。